不動産の契約は大切

不動産は契約書が全てです

不動産における契約書の重要性

賃貸もしくは売買で不動産取引をされたことがある方であれば一度は契約書に署名と押印をしたことがあるはずです。業者の説明を聞き細かい説明文を横に見ながら内容はわからずもとりあえずサインしたという方も多いと思います。しかし契約書には賃貸であれば退去時の敷金の扱いや修繕における負担者など重要なことが記載されています。また売買であれば、重要度がさらに増します。住宅取得控除や不動産取得税などに税務申告の際には必ずと言っていいほど必要となるものです。扱いには十分留意して紛失することなく保管しておかなければなりません。

不動産の楽しみ

賃貸契約書の取り交わし

不動産の賃貸契約書の取り交わし及びその原案の作成は、有資格者が行うこととされています。この有資格者は具体的には宅建つまり宅地建物取扱主任者になります。この資格を持つ人が賃貸のサービス提供を行う店には必ず必要であるとされており、不動産の貸出し時には説明と承諾を得ることで賃貸契約が発効します。もし店舗にこの資格を持つ人がいない場合にはその店舗は営業ができなくなるために、よく契約社員などで採用募集を呼びかけていたりします。ハローワークや人材派遣業などで有資格者であることを前提とした募集には、この資格を持つ人を募集している場合があります。

不動産の契約書の情報

新着情報