不動産と税金の支払

不動産と健康保険の関係

不動産による所得と健保との関係

不動産等への投資により所得をあげることは多くの人の夢です。土地や建物を保有し、運用していけば何もしなくても所得が得られるからです。こういったかたちでの所得は仕事とはイメージされにくいですが、所得の種類としては恒常的な所得とみなされるもので、一定金額以上の収益があれば確定申告等の税処理が必要になります。主婦の方であれば夫の扶養から外れることになる場合もありますので、不動産協会や健保の相談窓口に確認しておくことが大切です。無知による税金支払い漏れも本人の責任になりますので、追徴課税等がないように対策を立てる必要があります。

不動産の楽しみ

健康保険と職業の関係について

サラリーマンは会社の健康保険に加入しており、健保の料金は給与の額によってきまります。会社が年金事務所に報告した給与の額に対して保険料が通知され、毎月の給料から天引きして会社が納める仕組みです。そのため、月給のほかに不動産やそのほかの収入があっても、保険料には影響がありません。一方、個人事業者や、専業で経営をしている場合は、国民健康保険に加入します。国民健康保険の保険料の額は、住んでいる市区町村によって料率が異なりますが、家賃収入を含んだ所得の総額に対して決まります。加入している健康保険の種類によって変わりますが、不動産経営をしていると国民健康保険には影響がでてきます。

不動産の契約書の情報