新築と中古の不動産

不動産の購入と相続税

不動産の新築と中古の違い

不動産の購入の時、新築と中古があります。中古は価格が手ごろで、同じ値段ならより広い物件や立地のよい物件を狙えるのが魅力ですが、中古の場合に、新築の時にはかからない費用があるので注意が必要です。売主から新築物件を書く場合は、売り出している価額で買うことができますが、中古の場合は不動産会社に仲介料を払う必要があります。物件価額の3%程度程度が相場ですが、もともとの価額が大きいと仲介手数料も高額です。中古物件は、仲介手数料を払っても新築より手ごろですが、物件同士の価額差を比較するときには、実際に払う金額を比較するように気を付けましょう。

不動産の楽しみ

相続税を考えての購入を

不動産でマンションを購入する人は少なくないはずです。マンションを所有した後、問題になるのが相続税です。マンションを売却するよりも相続税を抑える方法があります。マンションの部屋ごとに所有者を決定して購入をすることです。なぜならば、資産価値が部屋ごとの査定になるからです。マンションを所有しており、不動産という資産の合計金額は変わることはなく、部屋ごとに相続税がかかりますので支払い金額を抑えることができます。物件を所有することを考えるだけでなく、相続のことを考えていると後々のトラブルを防ぐことが期待できます。

不動産の契約書の情報